子どもの才能を開花させる『5年後ルール』

Pocket

子どもの才能を開花させる『5年後ルール』

『5年後ルール』とは?

子どもと接するとき、

その子の実際の年齢ではなく、

5年後のその子に対するように、

話しかけたり、接したりするルール。

 

人は周りから扱われる自分になっていく

私は、子どもが生まれた日から、

0歳の時は、5歳児に話しかけるように、

2歳の時は、小学校1年生に話しかけるように、

我が子に接してきました。

 

赤ちゃん言葉は、

私は一度も使ったことはありません。

(周りが使うことはあります)

 

2歳になる頃には、小学生に話すように、

世間話をしたり、何かについての意見を言ったり、

ものの使い方を教えたりしています。

 

コチラはトースターでパンを焼いている動画です。

刃物や熱くなって危ないものも、

私と一緒に居る時に、

『使うときに気をつけなければいけないこと』

を実際に見せながら伝えます。

 

どうして5年後ルールが一流を育てるのか?

 

それは、

『人間は周りから扱われる自分になっていく』

という習性があるからです。

 

定食屋での自分と高級レストランでの自分の違い

わかりやすい例をお話します。

 

定食屋に行く時と、高級レストランに行く時のことを

考えてみてください。

 

まず、

定食屋と高級レストランの違いは何でしょう?

 

食事や値段も違いますが、

その店での自分の扱われ方が全く違いますよね。

 

高級レストランでは、

・名前を呼ばれて、席に案内される

・上着を預かってくれる

・メニューや飲み物の説明をしてくれる

・食事の一皿一皿が最高のタイミングで出てくる

・店を出る時に、お辞儀をして見送ってくれる

など・・・

 

そんなサービスを受けている自分を想像してみてください。

 

・服装

・言葉遣い

・食べるスピード

・食事の仕方

・話し方

 

その場所や雰囲気にふさわしいと思う『自分像』に

近づこうとするはずです。

 

5年後ルールで育てられた子ども

子どもも全く一緒です。

 

(実年齢+5)歳として扱われた子は、

 

・5歳の時に、小学校4年生が考えるような

疑問が湧いてくる

 

・10歳で、中学3年生が考えるように

進みたい学校を調べ始める

 

・15歳で、自分の才能を伸ばすための

大学や環境を探し始める

 

・20歳で、自分の才能を生かすことができる

『自分の志事』を探し始める

 

ようになります。

 

扱われた自分にふさわしい『理想の自分像』に

近づこうとしていくうちに、

本当にそのままの自分として振舞うように

なっていくからです。

 

常に周りの友達の5年先を行く子ども

 

一流に育たないはずがありません^^

 

子ども扱いされると、そこから成長できない

では、逆にこんな扱われ方をした子どもは、

どうなると思いますか?

 

・きれいに食べられないから、食事を食べさせられる

・時間がかかるからと、着替えに手を出される

・『うまくできないから』と手伝いをやらせてもらえない

・忘れ物があると勉強に困るから、学校の準備に手を出される

・忘れ物をしたときに、親が届けてくれる

・将来が決まる大事な決断だから、進む学校を親が決める

 

いつまでも親が手を出していたら、

子どもには成長のチャンスがありません。

 

どうして親はつい手が出てしまうのか?

親はみな、

『子どもに色んな事ができるようになって欲しい』

『自立した人間に成長してほしい』

と願っています。

 

なのになぜ、

つい手や口を出してしまうのでしょう?

 

これらの行動の大元になっている親の感情は、

『忙しい』と『心配』

です。

 

『忙しい』という字は、

『心が亡くなる』

と書きます。

 

時間に追われると、

子どもの力を信じる心がなくなって、

待つことができなくなります。

 

『心配』という字は、

『心を配る』

と書きます。

 

子どもが困ったり、

辛い目に合うことに心を配りすぎて、

つい手や口を出してしまうのです。

 

『子どもを信じる』と子どもが伸びる

この子には、

(実年齢+5)歳分のチカラがある!

 

そう、親が強く信じることができれば、

5年後ルールはものすごい効果を発揮します。

 

子どもが自分の理想とする自分像に近づくために、

どんどん新しいことに挑戦していく姿。

 

もちろん、はじめはほとんど失敗するでしょう。

 

上手くいかなくて、イラつくこともあるはずです。

 

辛い目にあったり、困ったり、

苦しい想いをすることもあります。

 

そんな我が子を

『この子にはできるはずだ!』

と強く信じて、手や口を出さずに見守ること。

 

だって、5年後のこの子なら

できるに決まってますから。

 

そして、親は毎日忙しい。

 

でも、別に時間を用意せずに、

(日常生活時間+数分)

一流に育つ訓練ができるんです!

 

もう少しでできそうなときに、

忙しさをグッと堪えて、待ってあげること。

 

その毎日の小さな積み重ねが

5年後、10年後に、

子どもの才能が花開くきっかけになるはずです。