子どもの脳が一番喜ぶこととは?

Pocket

突然ですが、クイズです!

『お子さんの脳が一番喜ぶことって何だと思いますか?』

この快感を一度味わってしまった子供は、自分から学びたくて、勉強が楽しくて仕方なくなっちゃうんです!

答えは・・・

 

『自分で何かを発見すること』です♪

 

子どもって何かを発見した瞬間に、ぱぁぁぁっと脳内物質があふれだして、ものすごく興奮するんです♪

顔の表情もぱぁぁぁっと明るくなりますから、見てればわかると思います^^

 

最高のクラスメイトとは、

『相手が発見する喜びを感じることを絶対に邪魔しない人』

だと思うんです。

 

そこから、前の章でお話した、

間違えてるのを発見しても、正しい答えをすぐに教えるのではなく、

『ママはこう思うんだ』

と伝えるだけにとどめる。

 

それをどう思うかは、子どもの自由に任せる

 

につながります。

 

実は、私のように英語が話せるママの場合は、最高のクラスメイトになるのが難しいんです・・・

なぜなら、子どもが文法的に間違っているのを発見してしまったら、それをすかさず正したい衝動に駆られてしまうから。

つい先生ぶってしまうんですね・・・

 

だから、色んなヒントを出してその場でなんとか間違いに気づかせようとしてしまいがちです。

でも、本当は子どもが絵本やネイティブ音声の正しい英語シャワーを浴びたときに、

『あれ?これは自分が思ってるのと違うぞ!なんでだろう?』

って自分で気づいてから、自力で答えにたどり着くほうが、知的好奇心が満たされて、しかも何倍も強烈に頭に残ります!

 

だから、子どもの間違いに気づきにくい『英語が苦手なママ』のほうが、最高のクラスメイトになるには適しているし、

子どもの自力を育ててあげられやすいんです。

 

そして、ここから【一流を育てる英語学習法】を実践しているママにしか味わえない、幸せな瞬間が訪れるようになります♪

なんと・・・

お子さんは『自分が発見したことをママやパパに教えてあげたい!』と思い始めるんです!

もしかすると、今までママが一緒に寄り添ってくれた姿を思い出して、答えを教えるのではなく、

『ママに自分できづかせよう!』とヒントを出してくれるようにさえなるかもしれません♪

 

子どもの吸収力には大人は絶対にかないません。

だから、お子さんの英語力がをあなたを超えるまでにそんなに時間はかからないんです。

 

お子さんの英語力があなたを超えたとき・・・

ここからが【一流を育てる英語学習法】の真骨頂です♪

 

普通の英語教室や英語教材では、

『英語は常に教えてもらうもの』

 

でも、教えてもらってる時って、なーんかわかったような気になっちゃうんですよね。

そして、教わったこと以上のものは身に付きません。

 

ただ、自分が教える側に立った時は違います。

本当に芯から理解していないと、人に伝えることってできないんです。

 

しかも、答えを言っちゃうほうが何倍もカンタンなのに、それを我慢して自分で気づけるようにヒントを出す・・・

これは、相当高度な脳の働きが無いとできないことです。

 

そして、『どうしたらわかりやすく教えられるかな?』って考えることで、自分でも気づかなかったことに気付けるんです!

 

親子がお互いに『最高のクラスメイト』になることで、

『英語を話せるようにしかならない正のループ』が同時にできてしまう!

 

あぁ!もうこれは、話せるようにしかならない『ワンダフル♪ループ』だと思いませんか♪

これがアカデミーで親子一緒に学ぶことの最大のメリットなんです^^

Print Friendly, PDF & Email