子ども向け英語番組おススメランキング1位!『Peppa Pig(ペッパピッグ)』

Pocket

子ども向け英語番組おススメランキング1位!『Peppa Pig(ペッパピッグ)』

今日は、私がおススメの

『英語圏の幼児たちが大好きで、

内容もとってもかわいらしく、

しかもしつけや文化的な違いも学べる』

というアニメをご紹介します^^

 

『Peppa Pig』

『こぶたのペッパちゃん』

というアニメです。

 

こちらは、

『Princess Peppa』

『ペッパ姫』

というお話です^^

下の方に、私が大まかに日本語で内容を訳したものを載せていますが、

まずはそれを読まずに、動画を見てみてください^^

 

そして、『動画を親子で見る時の参考になるように』と、

私としょーのしんが一緒にPrincess Peppaを見ている動画もつくりました^^

テロップで、

『一緒に楽しくインプットしながら視聴するコツ』

『気を付けていただきたいこと』

などをお伝えもしています^^

 

見ていただければわかりますが、

1話が5分前後と大変短いストーリーです^^

 

元々は絵本で出版もされているもので、

『幼児向け絵本のちょうど1冊分が

1つのストーリーになっている』

ようなイメージです^^

 

なので、まるで

『動く絵本』を見ているような感じですね♪

 

Today`s Story 今日のお話

ペッパちゃんのお家に、おじいちゃんとおばあちゃんが

Dinnerを食べに来ました。

 

Peppaと弟のGeorgeはもう寝る時間なので、

ベッドで休んでいます。

 

ただ、おばあちゃんはどうしても二人の顔が見たいので、

Can I take a peek?

『ちょっと覗いてもいい?』

と、二階の子ども部屋に上がるんですね。

 

で、おもちゃのアヒルを踏んで、二人が起きちゃう^^

 

Peppaは

『おばあちゃんがお話を終わったら、ちゃんと寝るわ!』

と約束をして、おばあちゃんにBed time storyをお願いするんです。

 

で、おばあちゃんは最初『ジャックと豆の木』を話しはじめるんですが、

Peppaがすぐに、

『その大きな茎を上ると、すっごく大きな巨人が現れる・・・

そんなのつまらないわっ!

そこには、とーってもきれいなPrincess Peppaがいるの!』

とお話を自分で作り替え始めます。

 

そこから、『勇敢な騎士 George』

『世界で一番腕がいいコックおばあちゃん』

が出てきて、物語はどんどん盛り上がっていきます。

 

Dining roomで待っている家族は、

『おばあちゃんは何をそんなに時間をかけているんだろう?』

と、まずはおじいちゃんが様子を見に行きます。

 

すると、3人が大盛り上がりしているのを見つけ、

Naughty Granny!

『いけないおばあちゃんだ!』

と、おばあちゃんに言います。

 

今度はおじいちゃんが寝かしつけのお話を引き継ぎます。

 

でも、おじいちゃんがどんなに話を終わらせようとしても、

Peppaが新しい展開を次々に始めてしまうので、

やっぱり話が終わりません。

 

今度はお父さんが引き継ぎます。

でも、やっぱり終わりません。

 

最後にお母さんが登場です^^

 

お母さんが上に行ってしばらく経つと、

部屋からいびきが聞こえてきました。

 

『やっと二人が寝たのかな』

と様子を見に行くと・・・

 

なんと、お母さんがぐっすり眠っているではありませんか!

 

結局みんなで、

『一番Bed time storyが上手なのは、Peppaだね』

と言って、ストーリーが終わります。

 

~~~

こんなに詳細にはわからなくても、

動画を見た時点で、ある程度

『こういうお話かな』というイメージは

湧いてこられたと思います^^

 

それが今まで、あなたがお子さんと一緒に頑張って作ってきた

『英語耳』です!

 

アニメの良いところは、

『会話表現を使っている状況や、

話し方、感情の込め方』

が見るだけで理解できる点です。

 

なので、この1話を見たお子さんの頭の中には、

『こういう場合には、こういう風に友達に返す』

とか、

 

『こんな時は、ママにこう言えばいいんだ!』

などが、見ているだけでインプットされて行きます。

 

そして、『Peppa Pig』の良いところは、

『大人と子供が話すときの

英語フレーズの素晴らしい見本だらけ!』

なことです^^

 

今日のストーリーでも、

Hello! My little darlings!
こんにちは!私の大事なおちびちゃんたち!

You should be asleep.
寝てなきゃいけないはずよ。

Tell us a story!
ひとつお話をして!

We are going to sleep after the story.
お話が終わったら、寝るわ。

What`s next in the story?
お話の続きはなに?

We promised to sleep when the story ends.
私たちお話が終わったら寝るって約束したの。

I`m good at ending stories.
ぼくは話を終わらせるのが得意だよ。

Peppa, George! Back to bed!
ペッパ、ジョージ!ベッドに戻りなさい!

Thank you! I`ll take over now.
ありがとう! 私が引き継ぐわ。

Alright! Quickly now! Tell me what`s happened?
わかったわ。早くなさい。何があったか教えて?

I can hear a snoring.
いびきが聞こえるわ。

のように、

『寝る前に言いそうなこと』

のオンパレードなんです^^

 

毎回全部をマスター出来なくても、

同じようなフレーズが何度も出てくるので、お子さんも、次第に

『こういう時にはこう言う』

という条件反射のように、

実際の生活の中で頭にパッと浮かんでくるようになります^^

 

ただ、お子さんの柔軟な脳には勝手に浮かんできますが、

大人はそう簡単にはいきません。

 

『よし!今度これをこういう時に使うぞ!』

と頭で1回イメージしないと浮かんでくるようにならないんです!!

 

なので、これから時々メールの中に、

1話分の動画へのリンクと『使える表現リスト』を

入れていきますので、

頭の中でイメージしながら、見てみてくださいね!

 

お子さんだけでインプットのために見る場合には、

1話分だけじゃなく、

6話分の30分くらい連続で見せてもいいです^^

 

YouTubeの検索窓に

『Peppa pig compilation』

と入れれば、30分連続再生できる動画も

たくさんアップされていますよ!