どうしたら子どもと英語で会話のキャッチボールができるようになる?

Pocket

どうすれば会話のキャッチボールができるようになりますか?

アカデミー生の2人から同じ内容のご質問を頂いたので、シェアしますね^^

『タブレットゲームをしていて、私が言ったことをただ真似すること(How are you?と言えば、How are you?とコピーする)しかできていません・・・

会話のキャッチボールができるようにするにはどうしたらいいでしょう?』

 

お答えします^^

まず、ママが言ったことをコピーできること、これができることが素晴らしいことなんです!

英語耳がしっかり育っていて、聞いたことをそのまま自分の口で再現できているわけですから!

そして、『会話のキャッチボールができる』ようになるためには、どうしても『そのための基礎練習』が必要なんです。

飛んでくるボールをキャッチするためには、まずグローブの使い方、ボールの扱い方を体に叩き込まねばなりませんよね^^

いきなり素手を出しても、ボールが早すぎて、キャッチすることができません。

『ママが言っていることをそのままコピーする』

これで、お子さんは

『自分の口で英語を発する練習をしている』

状態です。

これは基礎練習ですから、本当のキャッチボールはまだできません。

『グローブをどう開けばボールが入りやすいか?』

や、

『ボールの大きさ、重さを感じて、ボール自体に慣れていっている時期』

です。

これを続けることで、だんだんとボールに体が馴染んで、スピードがある球が飛んできても、反応できるようになります。

なので、

『まずは、コピーから!』

です^^

ですから、Today`s Gameをやるときにも、私はぽんぽんとキャッチボールが進んでいる状態を書いていますが、もちろんこんな風に最初からうまくはいかないと思いますし、それが当たり前です!

ママが大体の流れを把握して、ちょっとずつヒントを出しながらやってあげる、というコーチの役割を担って頂かなくてはなりません!

でも、大丈夫!

あなたならできます^^

 

例えば・・・

・お子さんがコピーしやすいようにゆっくり答えるところを見せてあげる

・答えの部分の単語が思い出せないようなら、ジェスチャーをしてヒントを与えてあげる

・レッスンに出てくる単語をくまなく使って、よりまんべんなくコピー練習ができるようにしてあげる

など^^

今までお子さんの最高のクラスメートとして、お子さんと一緒にレッスンを受けてこられたあなたなら、『最高のコーチ』にそろそろレベルアップしている時期です♪

お子さんの最高の練習相手として、どんどんコピーさせてあげてください!

それこそが、アウトプットへの一番の近道です^^

一緒に頑張りましょう^^

Print Friendly, PDF & Email