子どもを一流に育てるご褒美のあげ方【一流が育つ褒め方】

Pocket

一流が育つご褒美のあげ方 Part2

では、前回の『ご褒美』の話の続きです^^

ここで少し私の話をさせてください。

 

私は算数が苦手でした。

なぜ苦手になってしまったのか・・・今ならわかります。

 

ついていけなくなったところから、どうやって今みんながやっている所に追い付けばいいのかが分からない。

 

自分は一生懸命頑張っているつもりなのに、

「どうやって勉強すればわかるようになるのか」

が分からなかったのです。

 

どんどんわからなくなって、テストの点数は落ちていくばかり。

 

そんなときに、母に

『次のテストで70点取れたら、○○を買ってあげる!だから、頑張って!』

とはっぱをかけられました。

 

私はそのおもちゃがすごく欲しかったので、ものすごく頑張りました。

 

・テストではしっかり問題文を読もう

・解き終わっても、答えを見直して、「うっかり間違い」を防ごう

 

そして、結果は・・・

前回とほとんど変わりませんでした(泣)

 

私はテストの点をあげることばかりに気を取られて、テストでのテクニックを磨くことに集中してしまい、

・わからないところを先生に聞く

・練習問題を繰り返し解く

のように、根本的に学力を上げることに結びつく方法までにたどり着けなかったのです。

 

学力を上げるためにどうしても必要なものがあります。

それは、

『勉強の仕方を勉強する』

こと!!

 

算数が苦手な人は、算数の勉強の仕方が分からないんです。

英語が苦手な人は、英語の勉強の仕方が分からないんです。

 

なので、ご褒美をあげるなら、『勉強の仕方』を提案して、それができたらご褒美がもらえるよ!

と促してあげるのが、一番成果が出やすいのです^^

 

ここで、私がアカデミーで導入しているポイントカードの話です♪

 

ポイントカードにシールを貼れるのは、

・レッスンで習ったことを日常でアウトプットできたとき

・ゲームでしっかり英語で話しながら頑張れたとき

・1ポイントゲットしたとき

などです。

 

これは、私が英語が話せるようになった経験から、

『これをやれば英語がどんどん話せるようになる』

という勉強のやり方をお示しして、それを実践していただいてます^^

 

これからもポイントカードを使って、

『効果バツグンのご褒美作戦』

を続けていきましょう♪

Print Friendly, PDF & Email