【英語上達法】『脳科学的に最も定着しやすい英単語の記憶法』シャレード

Pocket

『脳科学的に最も定着しやすい単語の記憶法』

今回は曜日を英語で言えるようになるレッスンです^^

すべての曜日にジェスチャーをつけます↓

・Sunday 日曜日 Sunのジェスチャー

・Monday 月曜日 Moonのジェスチャー

・Tuesday 火曜日 チューインガムのジェスチャー

・Wednesday 水曜日 W(When)のジェスチャー

・Thursday 木曜日 I`m thirsty.のジェスチャー

・Friday 金曜日 Frying pan(フライパン)のジェスチャー

・Saturday 土曜日 Saturn(土星)のジェスチャー

これを使うと『シャレード』というゲームができます^^

 

このシャレードゲームこそが、

脳科学的に最も定着しやすい単語の記憶法

なんです♡

 

『今日は何曜日でしょう?シャレードゲーム♪』

これ、できれば今日から毎日やって下さると、ものすごくはやく英語で曜日が言えるようになりますよ♪

シャレードとは、Charadeと書きます。

Charade:

身振り、手振りで言葉当てをするジェスチャーゲームのことです。

 

例えば、木曜日なら、

『喉が渇いているI`m thirsty.のジェスチャー』

を見せます。

 

それを見たお子さんが、

Thursday!

と答えられたら、1ポイントゲットです^^

 

英語は毎日の積み重ねです!!

『今日から、曜日だけは英語でクイズしよう!』

と高らかに宣言してやってみてください♪

 

シャレードの実際の効果

私が子どもたちに英会話を直接レッスンしていた頃、この『シャレード』をほぼ毎レッスンで行っていました。

 

レッスンでは毎回7つの英単語が新しく出てきて、それにまずジェスチャーを付けていました。

 

私は自分で動きを考えたり、子どもたちに考えてもらったりして、みんなが覚えやすい方を使っていました。

 

この

『新しい言葉に出会ったときに、一度体を使ってその言葉を表現する』

という行為。

 

実はこれ、

『脳科学的に最も定着しやすい単語の記憶法』

だと言われています^^

 

人間は、

『自分の5感のうち、多くの感覚を同時に使って記憶するほど、物覚えがよくなる』

 

という性質を持っているからです。

その理論でいくと、

 

『タブレットの文字と絵を見ながら→目

自分で声に出して→口

ネイティブの声と自分の声を聞く→耳

その単語をイメージする動きをやる→体全体

という、

・目

・耳

・口

・体

の4つの感覚器官を同時に使って、新しい単語を覚えることになります!

 

詳しくは、こちらの動画でお話してます^^

 

これで覚えられない単語は正直ありませんっ!

 

今まで、あまりレッスンの中でジェスチャーについては強くお話していなかったんですが、今振り返ってみていかがですか?

 

今までのレッスンを見直していくと、

『あれっ?意外に私覚えられてるかも・・・』

と、ご自分にびっくりされたかもしれません^^

 

逆に、今まで

『単語を口に出すこと』

『単語を目で追うこと』

に集中されていたなら、2周目からはぜひ、

ジェスチャー記憶法の効果

を思い出して、やってみてください^^

 

ちなみに、今までのレッスンを見直して頂くと、

『食べ物がめちゃくちゃでてくるあのレッスン』

以外は、全ての単語にジェスチャーを付けているつもりです(笑)

 

なので、今日のレッスンだけでなく、お子さんとこの『シャレード』のゲームで、どんどん単語当てっこクイズをしてみてくださいね^^

 

あと、このゲームの一番いいところは、

『道具も何もいらず、いつでもどこでもできること』

です^^

 

あっ、人目さえ気にしなければですが・・・(笑)

 

『電車の中などでは、ちょっと小さめにジェスチャーをする』

などで、ご対処下さいますと幸いです^^

Print Friendly, PDF & Email