【英語上達法】最強のアウトプット法は、英語でごっこ遊びをすること!

Pocket

【英語上達法】最強のアウトプット法は、英語でごっこ遊びをすること!

正直、英語力をあげるキモは、

『いかにアウトプットを増やすか』

です!

 

アカデミーのToday`s Game(親子で一緒に英語でごっこ遊びをしたり、ゲームしたりする時間)も、なんとかあなたとお子さんに、

今日習ったことを口に出してもらえるように!

と頭をひねって考え出したものです(笑)

 

日本語が身に付く順番を思い出してください。

 

赤ちゃんだったお子さんは、お腹の中からず~っとあなたの声で日本語を聞き続けてきました。

 

生まれてから半年から1年ほど経った頃、

『あれ?私の言ってることがわかってる・・・?』

と感じ始めましたよね^^

 

そこから、お子さんがはっきりとした日本語を話すようになるまで、さらに半年から1年。

 

親子で会話ができるようになったら、次は身の回りにある文字に興味を持ち始めます。

 

はじめは

『文字の読み方」

から。

 

あなたがいつも読んでくれる絵本だったり、自分の持ち物に書かれた名前だったり・・・

 

『これなんて読むの?』

と聞かれたら、

『これは「し」、これは「ょ」・・・』

と読み方を教えてあげますよね^^

 

そして、ほぼ同じころに

『文字を書くこと』

にも興味が出てきます。

 

『じゃぁ、しょうのしんのお名前書いてみる?』

『「し」はしゅーっしゅっ!ってこう書くんだよ^^』

って。

 

あなたのお子さんは、英語でも全く同じステップで学んでいきます^^

 

文法?

 

日本語の文法を幼稚園児に説明しますか?

 

それと一緒です。

 

そんなもの知らなくても、どんどん英語をインプットして、英語をアウトプットしていくだけで、英語は話せるようになります♪

 

ただ、

話すことも!

読むことも!

書くことも!

 

インプットだけじゃ、

片脚しかない台と同じなんです!

 

その上に何を載せても、そのままじゃスルスル~っと落ちていってしまいます!

 

だから、どうかお子さんに

『インプットしたものをアウトプットして、両脚の土台の上に、次のレベルの台をしっかり重ねていくお手伝い』

をしてあげてほしい!!

 

その為に私が編み出した最良のアウトプット法が

『Today`s Game』

です!

 

インプットは今まで頑張られてきた分、十分にできています^^

 

ここから必要なのは、

『英語をアウトプットすること』

です!

 

Today`s Gameは、お子さんと紙に絵を描いたり、小道具を用意したりするところから始まるものもあり・・・

 

正直ちょっと面倒くさい・・・こともあります(苦笑)

 

でも、これをやったのとやらないのとでは、結果が全く違います!!

 

せっかく、ここまで親子で一緒に並んで頑張ってきたんですからっ!

 

今までの最高のインプットを、最高のアウトプットにつなげましょう♪

Print Friendly, PDF & Email