【英語上達法】元外資系CAが教える!日本で我が子を和製バイリンガルにする方法

Pocket

日本で我が子を和製バイリンガルにする方法

英語を

・聞いて listen

・話して speak

・読んで read

・書ける write

ようになるまで、あなたとお子さんが何をしていくのかを、具体的にお話していきます^^

 

日常英会話レッスン1周目が終わったら、2周目をゆったりやりながら、とにかく

『ネイティブの子供達が普段見てるアニメやテレビ番組を見たり、絵本が好きなお子さんなら英語絵本の朗読やアクティブリーディングを、合計毎日30分以上インプットする期間

に入っていきます^^

 

「えー?短いんじゃないの?」って思いました?

でも、『ただの聞き流し』じゃないので、ほんとに30分でいいですよ!

 

『通常の聞き流し』とは違う聞き方でインプットする

アクティブインプット法

を、ちゃんとお教えしますからご安心ください^^

 

そして、このインプットの素材については、必ず守って頂きたい条件があるので、アカデミーにご入学してくださった後にお伝えしますね。

 

これをやることで、親子で作ってきた英語耳に、

ネイティブの日常会話や良質な絵本の英語

をどんどんシャワーします!

 

このやり方だと、ただの聞き流しから始めた子どもの何倍ものスピードで、すでにお子さんの頭の中にできつつある

『英語脳の回路』

を通って、どんどん

『意味のある言葉』

としてインプットされていきます♪

 

小さいときに手をかけると、大きくなって楽になる!?

では、

『英語を読めて、書けるようになる』

ためのアカデミー流のアプローチからお話します♪

 

アカデミーが始まって7カ月目から、

『Phonics:フォニックス』という、

『英語を読めるようになる法則』

を教えるレッスン動画の配信が始まります。

 

これは

1日5分~10分の動画レッスンを受けるだけで、3ヶ月後には英語のすべての単語の7〜8割が初見でも読めるようになる

という、

『英語を正しい発音で読むことに特化したレッスン』

です!

 

実際に、ネイティブの子どもたちもこの法則を学校で習って、本がスラスラ読めるようになります^^

 

そして、アカデミーでは、読み方だけじゃなくて、英語の書き方も同時に教えていきます♪

Phonicsレッスン動画専用のワークブックをご用意しています^^

 

それをマスターしたら…英語を、

・聞けて can listen

・話せて can speak

・読んで can read

・書ける can write

ようになっているはずです^^

 

そこからは、お子さんが

自力で英語の絵本を楽しんで読んだり

・英語のアニメやテレビ番組、映画を笑いながら見たり

・英語を模写しながら作文が書けるようになったり

・好きな海外アーティストの歌を歌えるようになったり

『バイリンガル辞書引き学習』で単語力を強化したり

できるようになっていきます^^

 

それをあなたはひとつひとつ、

・お子さんが頑張ったことを記録して

・どこまでできるようになったかを認めて

・できたことを具体的に褒めて

・やる気が出るように励まして

・お子さんが好きそうな英語の番組を見せてあげたり

辞書やふせんを買ってあげたり

・お子さんが欲しがる英語の本を買ってあげたり

・お子さんが見たい英語のDVDを見せてあげたり

のような環境を整えてあげるだけで、お子さんは立派な

和製バイリンガル

になります^^



これがこれからの大まかな流れです。

 

ちょっと大変そうですか・・・?

 

もちろん、これらをいっぺんにやるわけじゃありませんっ!

とにかく、無理なく、自分たちのペースで!

 

お子さんが小学校の高学年に上がるまでに

『自分で英語を学び続ける土台』

を一緒に作ってあげましょう!

 

そうすればあなたが一緒にやらなくても、見守るだけで良くなりますよ^^

 

今言ったような事は、これからどんどん具体的にお教えしていきます^^

 

なので、今は先のことはあんまり心配しないで、

『ほんとにこの子がバイリンガルになるんだなぁ!』

って、想像しててくださいね♪

 

そのためのやり方は、私が我が子たちにリアルタイムでやる所をちゃんと見せ続けます!

 

私がやっているのを手本にすれば、バイリンガル子育てができるようにサポートして行きますから、安心してください♡

Print Friendly, PDF & Email