『~したからいい子』はダメ! 褒め言葉リエーション(禁句編)【一流が育つ褒め方】

Pocket

『~したからいい子』はダメ!
褒め言葉リエーション(禁句編)

『~したからいい子』

と言うのは、逆に言うと、

『あなたが~しなかったら
いい子ではない』

というメッセージと同じ!

これは、

禁句褒め言葉なのです!!

 

この言葉をかけられた子どもは、

『自分は~しないと愛されない。』

という、条件付きの愛情しか
あなたから受け取れないと思ってしまいます。

《一流が育つ子育て》では、

子どもの自己肯定感を高める声掛け

をすることを、とても大切にします。

自己肯定感とは、

・自分が受け入れられているという安心感

・そのままの自分が愛されるという自信

・自分自身を愛しているという自己愛

・自分の行動が誰かを幸せにしているという実感

が感じられている状態のことです。

そのためには、
一番近しい存在であるあなたが、

無条件の愛情で子どもを受け入れていること

をきちんと伝えてあげなければなりません。

 

それを伝えるには、

ただ事実を言語化してあげるだけ!

それだけで子どもの自己効力感がドカンっ!と上がる褒め言葉になるんです^^

 

具体的な声掛けの例

・近所の人に子どもが自発的に挨拶ができたとき。

×『挨拶できるなんて、あなたは良い子ね』

○『自分から挨拶できたね^^』

 

・宿題しなさい!を言われなくてもやれた時

×『自分から宿題やれるなんて、良い子ね』

○『宿題頑張ってるね^^

 

・参観日で手を挙げて発言できたとき

×『手を挙げて答えられて、偉かったよ!』

○『手を挙げて答えられたね^^

 

どうでしょう?

×のセリフは、禁句褒め言葉である
『~したから、いい子。偉い。』

が使われているので、

ダメ褒め言葉!

 

○のセリフは、ただ見たままを言語化しているだけなのに、子どもにとっては

『自分が頑張っているところを見てくれている!嬉しい!』

という褒め言葉なんです^^

 

子どもを褒めてあげたくなったら、

見たままを言葉にしてシャワーしてあげる!

 

カンタンなので、ぜひやってみてくださいね♡

 

 

Print Friendly, PDF & Email